竜鱗亭トップへ竜鱗亭  
| Admin | Write | Comment |
竜鱗亭へようこそ。
ここは、管理人「奈託」が、自作のフリーゲームを紹介する創作ブログサイトです。

フリーゲームを理解できない方はご遠慮ください。

☆Twitter:@Nataku13jp

★ドット絵のお仕事、お受けしています。 詳しくはこちら


★少年と、竜 ダウンロードはこちらから

ゲーム攻略についての質問は「竜鱗亭BBS」にてお願いします。
よくある質問もご覧ください。
つぶつぶ主人公様制作のゲーム
潜水生活が完成! 販売開始!

わさびさん制作のフリーゲーム
ロエルの冒険 夢の扉ふりーむ!
にて公開中!
ゲームの紹介

カウンター
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Twitter
最新CM
[06/26 ブルガリ時計価格]
[05/24 トートバッグ ブランド激安]
[05/14 lace frontal]
[02/04 あわ]
[06/18 TKR]
最新TB
お久しぶりでございます。
たくさん拍手をいただいて、本当にありがとうございます。
以下畳みます。重いです。長いです。閲覧注意です。




9月12日、午前5時45分、母が亡くなりました。すい臓がんでした。
病気が発覚(既に末期の状態で見つかる)してから2年半ほど。
長い長い、本当に長い闘病生活でした。
あと1年持つかどうか、なんて先生には言われていたけど、
2年半の大往生(?)。なんて人だ、あなたは。


最愛の人でした。この2年半(いやそれ以上)、母のために生きてきました。
薬のせいで食欲がなくなり、大好きだったものが食べられなくなり、
逆に、食べられるものを探しては、「食べられたね」と喜び。
気が滅入っているときは一緒にドライブに行ったり、食事に行ったりしました。
でもあまり食べられないから私ばっかり1.7人前も食べなきゃいけなかったり。
一緒に映画見て笑ったり、批判したり。ドラマ見て笑ったり。
仕事の愚痴聞いてもらったり、相談に乗ってもらったり(入院中も!)。


こうしていると、ふと「このまま治るんじゃないか」と考えたこともありました。


しかし、身体は徐々に弱っていき、亡くなる一週間ほど前からは意識もほとんどなくなりました。
看病のため、仕事も休むことにしました。
両立するはずだったのに、できませんでした。
最後の仕事の帰りに、「誰か助けて」と、泣きながら運転しました。


夜中、病院に泊まって看病しているときが一番つらかった。
身体が痛くて、無意識に叫びながら身体を動かすんです。
あの叫び声は本当につらかった。
「もうがんばらなくていいよ」と、泣きました。本人がこんなにがんばってるのに。


歳が近く、本当のお姉ちゃんのような存在であるいとこがいるんですが、
海外に出張に行っていて、どうしても来られない、という状況だったんです。
意識の無い母に、「9日の朝には来られるんだって。だからもうちょっと待って」とお願いしました。

すると、その次の日、意識が戻ったんです。
ちょっと前までは飲めていた、ぶどうジュースがあるんですが、そのジュースが飲みたい、と。
こんなにうれしいことはありませんでした。

いとこは無事に到着し、母と会うことができました。
看病にももちろん協力してくれました。
しかし、意識は徐々に薄れていってしまいました。
目も半開きになり、呼吸の様子が明らかに変わり、とても苦しそうに見えました。
その姿を見て、また泣きました。



9月11日。日中が私の番だったので、病室へ。
日中、苦しそうに呼吸をしながら眠っている母を見ていて、ふと、
「あ…そうか。今旅立ちの準備をしてるんだ。だから、今はもう苦しくないんだ。」
という考えが、頭に浮かびました。
なぜそう思ったのかわかりませんが、ほんとにそう思ったんです。
そう思ったら、母の姿を見て苦しんでいた私の心が、すごく軽くなったんです。

乗り切れる。私は母の死を乗り切れる。
だから、いつ、旅立ってもいいよ。私はずっといるから。
そう思いました。


その夜、弟と二人で夜中の看病。
交代で仮眠を取り、日付は変わり、9月12日の朝を迎えました。
呼吸が弱くなっていくのがはっきりわかりました。
手も冷たくなってきました。

そのとき。
今まで半開きだった母の目が閉じました。自分の力で閉じたんです。
さらに、口も自分の力で閉じ、そして、笑いました。はっきり微笑みました。

そのまま、呼吸が止まりました。
弟と二人で、母の手を握った状態で、母は、笑顔で死を迎えました。


9月12日。この日は、そのいとこの誕生日でした。



闘病生活が長すぎて、元気だったころの母の姿をあまり覚えていません。
夢に見るときも、大抵闘病中のことばっかり。
苦しむ姿をずっと見てきて、とても苦しかったけど、母の苦しみはその何百倍だったと思う。
それでも前向きに、未来のことばっかり考えて…
最後には笑顔まで見せてくれて…
あなたの子どもであることを誇りに思うよ、本当に。本当にそう思う。



今回のことで、母を通じて「人と人とのつながり」みたいなものを強く感じました。
前よりも人に優しくなった気がします。
また、前よりも前向きになった気もします。


しばらくは業務的なことに追われ(本当に大変でした。想像を絶します。)、
気を張っていたのもあり、しばらくは寂しさなんて感情もなかったんだけど。
やらなきゃいけないことが大分落ち着いて、仕事も復帰し、日常に近づくにつれ、
不思議なことに、母がまだいる気がしてならない。
そのたびに寂しくて、気が落ち込むことも。
ゲームやったりテレビ見てたりすると気はまぎれるけど、心の穴を埋めることはできません。


なんでいないのよ。
どうしたらこの痛みがなくなるのよ。


乗り切れるとかいって、乗り切れてません。

創作もなんだか気分が乗らず、放置気味になっています。
メッセにつなぐものなんとなく億劫で・・・


ただ、この間ネガティブな記事書いたのにもかかわらず、
拍手が10件もきていたのには本当に驚きました。
本当にありがとうございます。マジで励みになります。

心が落ち着いたら、メッセにもつなぎます。
友人のゲームのテストプレイもしたいし・・・


*****************************************************


さて、暗い話ばかりだとアレなので。

FF13をいまさらクリアしました(笑
途中までは面白かったです。10章に入るあたりまで。

話を追っていく、1本道ストーリー。
マップも1本道(笑)
↑奥スクロールRPGとか言われていますが、6割7割は確かに、と納得w
でもそんなことなかったよ(笑

ホープに感情移入しちゃいます。どうしても。
そう思って話を進めていくと、話を進めるごとにスノウがむかつくことむかつくこと(笑
でもとある行動で見直したからOKw

10章入るとオプティマが全部解放、的な感じになり、うーん。
黒幕がストレートすぎて、うーん。

ここ(後半)に来てようやく、ゲーム性に自由度が加わる、って。うーん。

どうやって終わるのかな、と思ったら、
うーん。納得したような、してないような。変な終わり方。

って13-2が出るの?!
・・・うーん。


なんだかもやっとしたゲームでした。
まあでも楽しめたからいいや。参考にもなったし。


今は、懐かしきFFT(ファイナルファンタジータクティクス)をプレイしていますw
一人旅入店禁止プレイ。あれ、どこかで見たような?(笑
いいんです、自己満足なんだからw



長々と、長文大変失礼いたしました。
ここに来てくれている皆様、本当にありがとう。
こんな私ですが、これからもよろしくお願いします。

拍手[52回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[77] [76] [75] [74] [73] [72] [71] [70] [69] [68] [67]
忍者ブログ [PR]
material by:=ポカポカ色=